電子情報工学科【福岡工業大学:工学部】/九州は福岡の工学部で電子情報を学ぶ

ソニー株式会社に内定|福岡工業大学電子情報工学科

私はソニー株式会社に内定を頂きました。

私は自分の開発した電子回路やデバイスによって次世代の電化製品が世に与えるインパクトをより大きなものとしたいと考え、ソニー株式会社を志望しました。
ソニー株式会社では電子機器やネットワークサービス等を開発・販売しており、電子情報工学科で学んだハードウェアとソフトウェアの幅広い知識や経験などを活かすことができます。

電子情報工学科では他学科とは違い、プログラミングから半導体製作実習まで幅広い分野の専門的な知識を習得することができました。
研究活動ではそれらの知識を総動員して研究成果を残すことができています。
さらに就職活動では、大学から金銭的な支援をして頂けるので、県内外に関わらず自分が本当に行きたい会社の選考を受験することができました。

電子情報工学専攻 修士2年 安部 寛二

20161121_01.jpg


日本放送協会(NHK)に内定|福岡工業大学電子情報工学科

私は、日本放送協会(NHK)から内定をいただきました。

NHKはニュースから教育や福祉などの番組を幅広く放送しています。
特に災害時には公共放送として大きく力を発揮できると思い、NHKを志望しました。
また、他の放送局にはない放送技術に関する唯一の研究所もあり、電子情報工学科で学習したことや研究の内容を十分に活かすことができると思います。

福岡工業大学は、大学一年次から進路についての個別面談があるなど一人ひとりに対してのサポートが充実しています。
私も就職支援講座を受講したり、何気ないことでも就職課に相談をしていたので不安もなく、自信をもって就職活動をすることができました。

電子情報工学科 4年 吉村 聡志

20161121_02.jpg


株式会社日本デジタル研究所(JDL)に内定|福岡工業大学電子情報工学科

私は、株式会社日本デジタル研究所(JDL)から内定を頂きました。

JDLは会計システムの開発に専門特化しており、ハードウェアとソフトウェア、両方の自社製品を開発している会社です。
JDLには私と同じ研究室に所属していた先輩がすでに入社しており、その先輩と人事の方が説明会を研究室向けに行ってくださったのが、JDLを受けようと思ったきっかけでした。

私は福岡工業大学で四年間、プロジェクト活動でロボット製作を行ってきました。
その中でも電子工作を行うのが好きだったことや、何か一つの分野に特化したものづくりをやっていきたいという思いから、JDLのハードウェア部門を志望いたしました。

電子情報工学科では、電子回路やプログラミング、半導体と言った様々な知識を身につけることができるので、ロボット製作をする上で非常に役に立ちました。
また、講義の中で実験を行うことで、それらの知識を試すこともできます。この知識や経験は今後JDLで仕事を行っていく上でも、十分に活かすことができると思っています。
就職活動の面においては、些細な事でも担当の方が親身に相談に乗ってくださるので、毎回自信を持って臨むことができました。

電子情報工学科 4年 丸木 共一

20161121_03.jpg